審美治療

こんな方におすすめです

  • 銀歯を白くしたい
  • 銀歯を入れたくない
  • 被せ物の色が気になる
  • なるべく削らずに治療したい

審美治療とは

審美治療とは

「銀歯があるから思いっきり笑えない…」という方へ。審美治療では銀歯を使わない詰め物・被せ物で、白い歯に仕上げる治療を行っています。口元のコンプレックスをなくして心からの笑顔になっていただけるほか、保険診療で使う材料よりもプラーク(歯垢)が残りにくい、再治療になる可能性を抑えることができるといったメリットもあります。歯の健康を長い目で考えるなら審美治療をおすすめいたします。

当院の審美治療の特徴

  • 即日治療できるCR修復

    歯を修復したい部分にCR(コンポジットレジン)を直接盛り付けるCR修復を行っています。保険適用のCRよりも機能性に優れ、1回の受診で治療が完了します。

  • 選べる豊富な素材

    被せ物の種類を幅広く扱っています。見た目のご希望、ご予算、噛み合わせの強さなど患者さまのニーズに応じて適した素材を選んでいただけます。

  • 拡大鏡で細部まで確認

    むし歯部分を取り除きながらも歯を削りすぎないよう、拡大鏡を使って細部まで確認しながら治療を行います。

当院の審美治療の種類

CR

CR

保険診療のCR(コンポジットレジン)よりも強度が高くて色合いが自然で、よりリアルな歯の色合いなどを再現しやすい素材です。1回の通院で治療が完了します。デメリットは保険診療よりも費用が高いことです。

オールセラミック

オールセラミック

色合いが自然で天然歯のような見た目をしていて、優れた強度も備えている素材です。特に前歯などの目立つ部分に適しています。陶器のため強い衝撃を受けると欠けることもあります。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアは強度が高く、奥歯にも使用することができます。噛み合わせが強い場合は向かい合った歯を傷つけることもあります。

メタルボンド

メタルボンド

金属の被せ物にセラミックを築盛した被せ物です。オールセラミックよりも強度が高いです。一方、透明感はやや劣り、使用するうちに歯肉や歯が黒ずんで見えることもあります。

ジルコボンド

ジルコボンド

強度の高いジルコニアの表面にセラミックを築盛し、天然歯に近い見た目を再現した被せ物です。割れにくさ・欠けにくさと審美性の良さを両立した素材です。デメリットは保険診療よりも費用が高いことです。

ゴールド

ゴールド

ゴールドは高い強度と身体への親和性に優れた素材です。奥歯の噛み合わせの強い方の治療に適しています。ただし金属の色が目立ちやすいことがデメリットです。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、白いセラミックのチップを貼り付ける治療です。歯を白く見せたり、歯の隙間をなくしたりする治療が短期間で可能です。ただし噛み合わせが悪い場合は治療できなかったり、治療後に強い力が加わると欠けたりすることがあります。

料金(自費診療)

右にスクロールできます。

診療内容 費用(1本あたり)
CR 前歯 27,500円(税込)
奥歯 33,000〜38,500円(税込)
詰め物 オールセラミック、ジルコニア 44,000円(税込)
ゴールド 60,500円(税込)
被せ物(前歯) オールセラミック、メタルボンド、ジルコボンド 93,500円(税込)
(仮歯代込み)
被せ物(奥歯) オールセラミック、メタルボンド、ジルコニア、ジルコボンド 93,500円(税込)
ゴールド 110,000円(税込)
型取り 5,500円(税込)
仮歯 2,200円(税込)